皆様に愛されて創業88年。中華そば、やきそば、冷やし中華の専門店 不二屋

中華そばの不二屋


やきそば

不二屋のやきそば 不二屋のやきそばは、一般には「かたやきそば・バリソバ・あんかけやきそば」などと言われているものに近いのですが、あげめん・タレ(上に乗るあん)共に他店とは少し違うオリジナル。

普通やきそばと言うと、炒め焼きそば・ソースやきそばを連想しますが、不二屋では、このオリジナル商品をやきそばとして販売しています。
松阪のお客様には、食べ親しんで頂いているため、おかげさまで「不二屋のやきそば」でこの商品をわかって頂けるようです。

麺は、揚げ麺でサクサク感のある歯ごたえです。
タレ(上に乗るあん)は、中華そばにも使っているダシで、和風味のあっさり系で、野菜(玉ねぎ・キャベツ・人参・竹の子・もやし・青ねぎ)と豚肉が入った具だくさんです。
トロミは、少しかためです。タレが少しかたいので、最後までサクサク感を味わっていただけます。

ダシが決め手
自家製麺
ダシが決め手 自家製麺
タレには、野菜を煮るために、スープを使います。スープは、中華そばに使うのとほとんど同じダシを使います。
⇒「中華そばの秘密
揚げ麺は、毎朝麺の製造から始めます。麺については、少しだけ企業秘密があります。一つ言える事は、中華そばや、ラーメンの麺では、サクサク感が出ないのです。サクサク感を出すために独自の方法で麺を製造しています。
サクサク麺 麺とタレの絶妙なバランス
サクサク麺 麺とタレの絶妙なバランス
独自の製法で作った麺を油で揚げます。丁寧に丸の形になるように、ひとつづつ揚げていきます。
丸く揚げた揚げ麺は、直径約16cm・高さ約6cmです。
スープで野菜を煮込んでトロミをつけたタレ(あん)は、少しかためで、あまり下にたれない位のかたさです。タレを固めに仕上げることによって麺に水分が移りにくくなり、サクサク感が長く楽しめます。


不二屋のやきそば
■お店で食べる
■お店で「持ち帰り用」を買って家で食べる
ネット通販で「通販用」を買う(贈り物にもどうぞ)



有限会社 不二屋食堂

Copyright© 有限会社不二屋食堂. All rights reserved.